Elgato Game Capture HD60

AvermediaがいつまでたってもEl Capitanに対応してくれないので、「Elgato Game Capture HD60」を購入した。

DSC00273

年末にMacbookProの画面のコーティングを誤って剥いでしまい、修理に出していたのだが、修理から帰ってきてからPremiereProでの編集時にプレビューが固まって作業ができなくなってしまっている。

ディスプレイの交換のみを行って貰うつもりがロジックボードの交換も行って貰っているようなので、その辺が原因ではないかと思っている。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

DSC00268

新しい Macbook Pro が届いたので初期設定を行った。

今までずっと13インチを使っていたけど、GPUが搭載されているモデルにしたかったので、今回は15インチにしてみた。

さすがにでかい…

で、当初の予定ではOSXのまま動画のキャプチャとかできるはずだったんだけど、キャプチャソフトがOSX 10.11 に対応していないようでエラーになるので、対応されるまでキャプチャできないかも…

スペックはこんな感じ

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
プロセッサ 2.8 GHz Intel Core i7
メモリ 16 GB 1600 MHz DDR3
GPU 
AMD Radeon R9 M370X 2048 MB


 

【追記】

CV710でうまく動画のキャプチャができなかった件、完全には解決していないが、CV710のファームウェアを更新することで、動画のノイズが入らないようになった。
キャプチャソフトのRECentralが不安定なのは改善されなかったが、これぜ一応キャプチャ自体は問題なくできるようになった。

あとはAvermediaがOSX10.11に対応したドライバとRECentralを配布してくれれば…

VMware Fusion 5

スクリーンショット-2013-04-22-23.13.50

昨年にMacbookProを新調した際にVMWareFusion5を導入しMacbookPro上でWindows8を起動できるようにしていたのだが、ユニティモードの設定がよく分からずっと放置していた。
今回、ようやくユニティモードの設定を行う事が出来たのでメモしておく。

そもそも、ユニティモードというのは、ホスト側(今回だとOSX側)のウィンドウ上でゲストOS(Win8)のソフトを表示・操作を可能とする事で、ホストOS上でゲストOSのソフトが動いているかのように扱えるという代物。

僕の場合、OfficeはWin版しか所持していないので、Officeを使用する時は別のWin機を起動して作業を行なっており、これを一台に集約出来ればいいな(持ち運び可能なMacbookProで行いたかった)という目的があり、Fusion導入を目論んだのだ。

説明書は読まない残念な主義が災いし、OSはインストールしたものの目当てのユニティモードが選択できず、ずっとフルスクリーンモードで利用していたのが、よくよく調べてみるとゲストOS側でVMWareToolsをインストールしていなかったのが原因で、表示メニューのユニティモードが選択出来なかったのだった。

僕の検索方法が悪かったのだろうが、検索してもVMWareToolsをインストールしなければならないという事実に辿り着くまでかなりの月日を要してしまった。(恐らく普通は躓かないところなのだろう。)

MacBook Pro Retina

すっかり世間(?)の興味はiPad mini VS N7 に移っている気がするけれど、ようやく発表日に注文していた新しいMacbookProが届いた。

当初の予定よりも1日遅れで到着。

早速開封。

内容物。ACアダプタはMagsafe2という新規格のものに変わっていた。
以前のように、脱着の度に認識しなくなるようなことが無くなっている気がするので良い感じ。

本体。
ストレージがSSDになったお陰で起動が目に見えて早くなったのが好感触。
本体のサイズも、非RetinaのMacbookProに比べて薄く・軽くなっているので、ウルトラブック程ではないものの持ち運ぶのに便利になっているなと感じる。

今まで使用していたMacbookProの環境をそのまま移行させようかなと思ったものの、一から設定し直すのも新しいPC購入の楽しみの一環かな思い、チビチビと設定を行なっている。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

ようやく待ちに待ったMacbookPro13インチのRetinaディスプレイモデルが発表された。

現在使用しているMacbookPro13インチの解像度が低く画像編集の際にネックになっていたので、13インチのRetinaディスプレイモデルが出たら買い換えようと考えていたのだ。

店舗で買おうかとも思ったのだけれど、過去に店舗側にパーツの在庫が無いためにカスタマイズを妥協した経験があるため、今回はAppleOnlineStoreで注文しておいた。

VirtualBox

暇だったので、VirtualBox を MacbookPro にインストールしてWin8RPを動かしてみた。

ディスプレイの解像度が低いので、フルスクリーンにしないと縦が切れてしまったので、無性に Retina Macbook Pro が欲しくなった。