Crysis 3

Crysis 3

キャンペーンクリア。

crysis3-2013-03-16-18-45-19-53

セフ本隊を地球へと誘導するための”リバティビーム”と呼ばれるエネルギーに近づいたところ、エネルギーによる街の崩落に巻き込まれ地下のセフ構造物の洞窟へ迷い込んだプロフェット。
洞窟内にはところどころに結晶が生えており、その光景はCrysis1のCoreを豊富っとさせる。

crysis3-2013-03-16-19-05-59-85

ひたすら洞窟を進んでいく。

crysis3-2013-03-17-03-05-39-54

ハイブマインドと呼ばれる構造物をいくつか破壊した後、リバティビームを停止させる為ビームに近づいていく。
ビームはアルファ・セフが発生させているので、いよいよアルファ・セフとの戦いとなる。

crysis3-2013-03-17-03-06-59-13

アルファ・セフ戦。
マップ内にエイリアン武器の弾を一定時間無限に出来るセフのコンテナが配置されているのでこいつを活用。
予め持ち込んでおいたピンチライフルを散弾モードにし、3つのドリルに向かってひたすら撃ちこんでやることで簡単に倒すことが出来た。

crysis3-2013-03-17-03-13-22-28

トドメの一撃。クソッタレ!

crysis3-2013-03-17-03-13-32-26

アルファ・セフの最期。
アルファ・セフが機能停止した為、他のセフも機能を停止していく。

crysis3-2013-03-17-03-14-49-55

アルファ・セフとの戦闘にVTOLで乱入してきたサイコだったが、あえなく墜落。
ハーネスが引っかかって脱出出来なくなっている為助けに向かうが、スーツがどうこう言っているあいだに救出に失敗。
プロフェットは崩壊に巻き込まれて宇宙へ。

crysis3-2013-03-17-03-16-03-30

開かれたワームホールを通り、セフ本隊の宇宙船が地球へ近づいてくる。

crysis3-2013-03-17-03-18-20-12

プロフェットがやらねば誰がやる。
ちょっぴり諦めかけていたプロフェットだったけど、偶然通りがかったアークエンジェルを発見して一念発起。
サクッとアークエンジェルをハッキングして、セフの宇宙船を破壊。

crysis3-2013-03-17-03-19-16-54

宇宙船の爆発に巻き込まれ、大気圏突入。ナノスーツ万能ここに極まり。
落下中に見えた光景はいつかどこかで。。。

crysis3-2013-03-17-03-19-59-62

エンディング。
ナノスーツ内のブロックを解除したことでナノマシンが開放されナノスーツは何にでも変化する可能性がある、とクレアが述べていたが、プロフェットの自身が人間であるという強い思いを反映したのか、その姿は人間に。

crysis3-2013-03-17-03-20-33-27

ラプターチームの写真。
左からジェスター、アズテック、プロフェット、サイコ、オニール(?)、ノーマッド。

crysis3-2013-03-17-03-21-08-39

戦いが終わり。プロフェットはローレンス・バーンズに戻る。

そして…

crysis3-2013-03-17-03-46-22-75

サイコは生きていた。
CELLの役員を追い詰め、スキニングラボでナノスーツを剥ぎ取られた事に対する復讐が始まる。
Crysis3 Warhead来るか!?


キャンペーンは全7章となっており、ボリュームはかなり少ない。
ストーリーに関して、Crysis1→2の時にかなり方向転換をしていたものを、Crysis2→3では1に近づける為に更に方向転換をした結果、さらにユーザを置いてきぼりにする超展開になってしまったように感じた。
特にナノスーツの扱いが1と2,3では大き異なっており、1ではあくまで最新技術を使った装甲服だったナノスーツが、2,3ではエイリアン技術を使った超万能スーツとなり、負傷箇所へのスーツの融合による治療、スーツ内への着用者の精神保存、エイリアンのウィルス兵器のワクチン開発、目視だけでのハッキング、マインドコントロール、果てには大気圏突入、ナノマシンによる肉体構造の再構築と、まるで訳の分からない存在となってしまっている。
MAP各所に隠されている情報端末を入手することで、Crysis1~3までの裏設定(主にセフとナノスーツ関連)がアンロックされる。
これによりアルカトラズの顛末、2→3間の20年間でプロフェットがナノスーツ部隊を編成し世界各地で奮闘していた事、セフの第一段階から第三段階までの説明など、今まで疑問に思っていた項目をあらかた補完することが出来る。
再編された米&朝鮮のナノスーツ部隊の戦いなどはそれだけで1作品出来そうなので、スピンオフでCrysis2.5みたいな感じで出してくれればいいのに。

ゲーム内容に関しては一本道のリニア進行だった2と比べ、幾つかルートが選択できるようになっており、進行ルートをある程度自由に出来るようになっている。
高層ビル街を廃墟化したことで、1,2にはなかった高低差を利用した攻略が出来るようになったのは良かったと思う。
ただし、後半の運河跡地以降のだだっ広いだけのマップは目標地点以外に特になにか仕掛けがあるわけでもなく、ただビークルで通り過ぎるだけのものとなってしまっているのが残念だった。
事前の情報ではドームは7つありドームごとに異なる環境が形成されているということだったが、本編に反映されているのかよく分からなかった。再度確認を行ったところ、リバティドーム内に7つの異なる環境が用意されている、だった。
個人的にゲーム中一番緊迫感があったのは、序盤の草むらでストーカーに襲われるところ。

敵のAIについては、難易度ベテランでプレイする限りでは、特に優れているわけでもなく、むしろアホさが目立っていた。
とにかく最終目撃地点に集まってくるので、わざと見つかりクロークで移動、弓矢でウマーが通用する場面が多かった。

情報端末をすべて回収すると、ノーマッドに関する情報が閲覧出来るらしい。
Crysis3劇中でもノーマッドの名前は1度しか登場せず、まだまだ謎の男であるCrysis1の主人公。
今作でプロフェットの物語は終わるものの、Crysisシリーズは続いていくそうなので、ノーマッドはその時の為に設定を付加されずにいるのだろうかと勘ぐってみる。