talkingSIM

talkingSIMを使用してみて

talkingSIMを使用し始めて2週間程度経過したので、現状での使用具合など。

通信速度
talkingSIMの通信速度は、ベストエフォート300kbpsに設定されている。
HSPAに比べると格段に通信速度が落ちるものの、一般的なWebサイトの閲覧・メールの送受信・Twitter等であればストレスレスに作業を行うことが出来た。
youtube等のトラフィックが大量に発生するサイトについては、帯域制限が設けられており通信速度は格段に低下するようだ。
撮影した写真をPCを共有するのにDropboxを使用しているだが、talkingSIMを介しての画像のアップロードしても(1MBくらい)、そこまでは時間がかからなかった。
上り下りとも安定して300kbps近辺をキープしているので、極端に回線速度が落ちたり上がったりということが無い(前述の帯域制限が設けられているサービスを除く)。

通話
talkingSIMには電話番号が割り振られており、実際に通話を行う事ができる。
通話機能はまだ試していないので、料金等が他のキャリアに比べてどうかのかという確認は取れていない。

余談
SIMカード自体はdocomoのSIMカードと同一の物(白SIM)の為、メイン機のdocomoSIMとゴチャゴチャになると端末に刺すまでどちらのSIMかというのが分からない。
iPhone4向けの帯域制限が設けられていないプラチナプランのようなサービスも始まっているようだが、これはAndroidでは使用が出来ないようだ。